« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.02

【ラスレム】序盤~中盤戦その2

ラストレムナントは戦闘とサブクエがメインと言っても過言ではなさそうだ。
メインストーリーなんてオマケですねそうですね(´ー`)

惹き込まれるストーリーではあるが、要約すれば内容的には短そう。
なので、ボリュームの7割方はサブクエとそれにかかる戦闘で埋まっている感じだ。

中盤に差し掛かる頃までは情報を一切シャットアウトしてやっていたので、最近になって他のプレイヤーの感想を見てみたのだが、大半が不評のようで苦笑。

まあ確かに言わんとすることはよっっっく分かるのだけどなー。
戦闘が長い。戦闘中思ったとおりにキャラが動かせない。メインキャラ全員をパーティに入れられない。インターフェースが悪い。雑魚のくせに技が凶悪。ボスはもっと極悪。主人公が非常にパッケージ詐欺。本編では出っ歯に見える。などなど。

最後のはまあ置いといて、他はいちいちごもっともごもっとも。
今までにない斬新な戦闘システムを投入して来たのだろうが、今十歩ほど練り込み不足だった感は否めない。

もっと作り込まれていれば評価も違ったものになっただろうに、いろいろと残念な部分の多い作品だ。
でも、ハマれる人にはハマれるという不思議ゲーム。ホント、人を選ぶゲームだこれ。

私はといえば、皆と同じような不満を覚えながらもそれなりにハマれております。
強いボスに行く手を阻まれてどーしても勝てなかったりすると、
「ちっきしょー、覚えてやがれい!今度会う時は片手でひねり潰してやるーーー!(;´д⊂)」
と、俄然キャラ育成に躍起になったりするので強い敵上等。

一度はdisk2まで進んだのだが、どうにもキャラの育ち方に納得が行かず、その前のボス戦にもかなり苦戦したので、disk1終盤のデータに戻ってサブクエをこなしがてら、武者修行に励んでみたり。

その甲斐あって、辛勝したdisk1終盤のボスにも普通に勝てるようになり、ようやくdisk2突入。
しかし、噂によるとdisk2にはさらにプレイヤー泣かせな中ボス達が手ぐすね引いて待ち構えているということなので、またすぐに武者修行の世界行脚に出掛けなければならないようだ(*'-')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »