« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.28

【ラスレム】序盤~中盤戦

XBOX360用RPG『ラストレムナント』。

Lastrem


『ロマンシングサガ』シリーズを手がけたチームが作ったとあって、発売前からサガっぽいと言われていたが、戦闘システムはまるで別物であった。

慣れさえすればなんとかなるが、理解するまでがたーいへん。

戦闘は多人数対多人数の大混戦バトル。
部隊毎にコマンドを選べば、あとはキャラ達が勝手に戦ってくれるが、細かい指示までは出来ないので、かなり運任せな部分がある。
なので、油断していると雑魚戦でも壊滅の恐れがあって気が抜けない。

回復も全員が出来る訳ではなく、特定のスキルを持ったキャラしか行えないので、例えば「回復しろ」系の命令を出した場合、回復スキルが使えないキャラはただの待機になってしまって非常に無駄なターンになってしまう。

プレイヤーもただ見てるだけという訳にはいかず、戦闘の合い間にランダムで、「このボタンを押せ!」みたいな表示が現れるので、この時時間内に対応するボタンを押すと、攻撃がクリティカルヒットになったりコンボが繋がったりする。

クリティカルトリガーというシステムなのだが、このタイミングがなかなかシビアで、ちょっとよそ見してると失敗してしまう。
これがけっこう重要で、ここぞという場面で失敗して敵にトドメが刺せなかったりすると、次のターンでは自軍が窮地に立たされたりと、場面によっては戦局を大きく左右する。

ゆめゆめ、寝ぼけまなこで戦闘に臨んだりしてはいけない(`・ω・´)

映像は美麗で迫力ある戦闘シーンを繰り広げてくれるのだが、悲しいかな、処理落ちしまくり。
コマ送りとまではいかないが、スローモーションが稀によくある(´・ω・`)

ハードディスクにインストールしても、こればっかりは改善されなかった‥‥
ここら辺りがもっさり戦闘と言われる所以の一つだが、まあ、これはこれで慣れればスローモーションも演出の一環だと思えないこともないかもしれないが、ストレス溜まる人は溜まるだろう。

そもそも戦闘システム自体が、さくさく戦闘を終わらせたい人には絶っっっ対的に向かない。
何せ、敢えて自ら敵を複数リンクさせて、一度により多くの敵と戦うように仕向けるゲームだからなー。
その方がキャラも成長しやすくなるし、手に入るドロップアイテムも増えるという仕組み。

長くなって来たので続きはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.24

21km

ハーフマラソン走って来たぞこんちくしょーーーっ!ヽ(`Д´)ノ

いやはやもうね、たかがハーフ、されどハーフでした。

体力的には走り終わったあとも、まだ10kmくらい行けそうなくらいの元気は残っていたのだが、もうとにかく足が上がらなかった。

残り5kmくらいから思うように足が前へ運べなくなり、残り2kmがホンっっっっっっトに長かった~。

足が棒になる、という例えは伊達じゃないと身を持って体験したぜ。

ゴール後なんて機械的に足が前へ前へと出てしまって、立ち止まることが出来なかったっ。
地面に倒れ込むように座り込んで、ようやく止まれたという。

ハーフでこんな感じだから、フルであと20kmなんてとてもとても㍉/(^o^)\

いずれはフルマラソンにも挑戦してみたいとは思っていたが、考えが甘かった。
ただ走る練習だけではなくて、足の筋トレもしないとダメそうだ。

終わった直後からすでに筋肉痛で、笑っちゃうくらいまともに歩けませんでした(´ー`)
4、5日はこんな感じだろうなー。

アクアスロンよりハーフマラソンの方がきついとは予想してなかったな;

しかし、マラソン終了後、参加賞で貰った温泉タダ券で入った温泉は格別だった。
足膝ガッタガタになったが、なんだかんだで楽しかった?と言えないこともないような気がしないでもない(*'-')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.19

清き一票を

出来ればTOVキャラ全員に票を入れたいところだが、ここは代表でユーリさんに入れて来たぜー。

ぜひとも上位に食い込んで欲しいものだが、TOVはハードが箱〇なだけに圧倒的にプレイ人口が少なそうだからなあ。
TOP10内に入れればいい方か。

しかも、メインキャラみんながみんな良キャラなので、TOVキャラの中でも票がバラけそうだ。
と言うか、投票が1キャラのみとか厳し過ぎるわナムコさん。
せめて3キャラくらい投票させろやーっヽ(`Д´)ノ

それと、公式サイトのTOP絵には吹いた。
Wリオンに挟まれたクラトスが、とてもとても迷惑そうな顔に見えたのは気のせいではないハズ。

現在TOV3週目突入。難易度アンノウン、獲得経験値10倍。
2週目の時は経験値2倍でやっていたのだが、さすがに経験値10倍ともなると、戦闘毎にレベルアップな感じで笑ってしまうわ。

ちなみに3週目に入る前に、戯れでラスボスに第三形態有りのアンノウンで挑んでみたのだが、意外にもあっさり勝ててしまったよっ。

メンツはユーリ、エステル、おっさん、犬。
平均Lv120程度だったので、絶対フルボッコにされるだろうと思っていたのになあ(´ー`)

攻撃はユーリと犬、回復はおっさんにまかせ、自分はエステル操作でひたすら補助魔法とたまに回復、攻撃魔法を使っていたら終わっていた、と言う今までで一番ラクな戦闘でした(*'-')

明日からはラストレムナントなのでしばらくTOVは休止だが、再開した暁にはアンノウンで闘技場200人斬りに挑戦してみよう。


『テイルズオブ』キャラクター人気投票開催中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

氷上の芸術

冬のスポーツの花形と言えばフィギュアスケート。

シーズンに入りTVでも連日大会の模様が放送されているが、先日のTV放送を見ていた際、解説が伊藤みどりさんだったので、なんだか無性に彼女の昔の演技が見たくなり、ネットで動画を検索して見てみた。

久しぶりに往年の伊藤みどりを見たが、やっぱりすごいわ~この人。

カルガリー五輪からアルベールビルにかけてがこの人の全盛期だったと思うが、20年経ってもなお色褪せない演技というのは本当にすごい。

最近のフィギュアを見ていて何か物足りなさを感じていたのだが、リアルタイムでこの人の演技を見ちゃってたせいなんだな~。
特にジャンプは伊藤みどりを基準にしてしまうと、他はみんな霞んで見えてしまって困る。

だって助走いりませんからね、この人っ。

普通の選手は皆ジャンプの前に、さあ飛ぶぞ!てな感じで滑って来て飛ぶので、それまでの演技の流れが途切れてしまったように見えてテンポが悪く感じるのだが、伊藤みどりはサッと来てピョーンと飛んで去って行く。
しかも高さも飛距離も回転もダイナミック。

海外での人気もものすごかったようだ。
ほとんどスタンディングオベーションもらっているものなあ。

真央ちゃんも上手いとは思うが、伊藤みどりはやはり別格だわ~。
百年に一人の逸材というのも改めて頷ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

世界の亀山モデル

買っちゃったぜーーー。

液晶AQUOSフルハイビジョン37型TV。

これまではブラウン管25型TVを使っていたのだが、FF11をプレイする分にはそれほど支障はなかったものの、この度のTOV購入でXBOX360を使うようになってみたらば、最早ブラウン管ごときでは次世代機のHD映像は到底再現出来ないことを痛感。

なのでTOVをプレイしている時も、ストーリーを進めてイベントを見る時は居間の45型AQUOSで、レベル上げをする時は自室のブラウン管TVでと、箱○を移動させてプレイしていたのだが、ただでさえ故障率の高い箱○を持ち運びするリスクが恐ろしいので、思い切って買っちゃったい(*'-')

2011年にはアナログ放送も終了するしなっ。自室でTV番組は滅多に見ないけどっ。

37型だとデカすぎるかなー32型くらいでいいかなーと悩んだが、実際部屋に置いて見ると37型でサイズ的にはちょうどよかった。
やはりブラウン管TVみたく厚みがないので、横幅は広くてもスッキリして見えるようだ。

ただ、スピーカーが画面の下に位置しているので、音の聞こえ方に若干の違和感。
左右配置のスピーカーと比べて、けっこう違いがあるものだ。

とにもかくにも、これで20日発売のラストレムナントは安心してプレイ出来るわー(´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »